おうちで積木遊び ジェットコースター

積木

みなさん、ステゴサウルスは作ってみましたか?
おそらく、ほとんどの人は作っていないでしょう。
いいんです。僕と違って、みんなそんなに暇じゃないのは分かっています。
ええ、分かっていますとも・・・・・・(´Д⊂グスン
続きです。

ステゴサウルスの時に引っ張り出してきた車を
「ジェットコースターにしたい。長い板出して」
と言い始めた娘。

そーねー。クムンダがあれば、そーゆーこともやりやすいよねー。
でも、我が家には無いの。

とりあえず娘の希望に沿って、WAKU-BLOCK G100 長板を出してみた。

どうしようかと、考えていたけど、とりあえず柱を立てることに。
ステゴサウルスは完全に隠れていくのだった。

ステゴサウルスはどこへ、、、

まぁ、それも「遊園地内を駆け巡るジェットコースター」という
娘のイメージがあってのことだから、いいんだけど。

ステゴサウルスをまたぐように、柱を2本立てたところに、長板をかける。

それをだんだんと低くしながら、何個も作っていく。

つまり、橋桁を作るわけですな。

それができたところで、橋をかけると、坂道状になり、車が走る寸法だ!

ここにいました

ところがこの橋、娘は真っ直ぐ作ったつもりなのですが、若干曲がっていた。

車を転がすとカーブのところから転落し、橋が大破するので、その度に父は土建屋さんとして出動することに。

何度目かの大破

娘よ、いくらなんでもその車は、橋の耐荷重量をオーバーしてるぞ。

この出動率はブラック企業並みだ。

父は、滑走物の変更を要求する❗️

「ねぇねぇ、ビー玉してみたらどうかな」

待遇改善要求を提案し、見事勝ち取ることができた。

しかしながら、若干曲がっているところで転落することには変わりがない。

ここで、父は余分なことをしてしまった、、、

そのままでも十分楽しんでいたのだから、ほっておけばよかったのに、自分の探究心を満足させるために、

壁をつけずにカーブを曲がる方法を教えてしまったのである。

坂道の左右で傾斜角を変える、つまり、バンクをつけたのだ。

かなり手前で左に曲がってる

これの何がいけないかというと、

決して、味をしめた娘がエンドレスでビー玉転がしをやり、翌日もコースを作れとせがんでくるのが面倒だから、ではない。

どうすれば、ビー玉を落とさないようにできるかということを、娘が自分で考える機会を奪ってしまったということなのだ。

要するに、親の過干渉ってやつね。

大人って、本当に「教えたがり病」に侵されていて、

子どもが何かに引っかかっていると、すぐに答えを教えてしまう。

仕事で人の子どもと接する時は、「今声かけない方がいいかなー」とか、気にするんですよ。

集中力を切らせたくないから。

これが、自分の子どもとなると、なかなか難しい。

家にいることもあって、気が緩んじゃうのかなぁ。遠慮ができなくなることが多いんだよなぁ。

こうやった方が早いよ、

こうすれば失敗しないよ、

ここがダメなんだよ、

全部娘のアイデアや努力や試行錯誤を否定しちゃってる。

早くなくても、

失敗しても、

間違っていても、

何も悪いことはないのに。

もっと時間をかけて、

たくさん失敗して、

色々なアイデアを試したら、

試行錯誤することの楽しさや、

発見した時の喜びや、

成功した時の感動が、

感じられるはずなのに。

そうだ、そのために僕は長野にやってきたんだった。

いかんいかん、忘れてるぞ。

そんな父の葛藤をよそに、娘は飽きずにビー玉を転がし続けた。

やはり、翌日もコースを作れとせがんだ。

昨日の反省はどこへやら、こうなったら昨日よりさらにカーブとバンクのキツイコースにしてやる!

2日目の制作風景
ガッツリ曲げたった!

カーブしてるでしょ?

生後一月半の次女を抱え、なかば娘とケンカしながら、新コースを作るのだった。

インスタグラムで動画が見られます。 #れちとび で検索して下さい。

こちらもどうぞ。

中島恵 (@letitobe_k) • Instagram photos and videos
533 Followers, 760 Following, 283 Posts - See Instagram photos and videos from 中島恵 (@letitobe_k)

コメント

タイトルとURLをコピーしました