やり方とあり方

自己実現

保育士なんていう仕事をしていると、子育てについて

「こういう時はどうしたらいいですか?」

という質問を保護者から聞かれる事がある。

そんな時は、その時の状況を聞き取って、過去の経験から自分だったらこうするという「やり方」を伝える事が多かったんだけど、

そういうhow-to的なことは、どうやったって、合う場合と合わない場合がある。

状況が違って、

対応する人が違って、

子どもが違って、

これだけ違うことだらけだから、当たり前と言えば当たり前。

僕自身も、仕事や育児の中で山ほどそんなことがあった。

そういう時に是非考えてみて欲しい。

うまくいかなかった時、自分はどうあるか。

例えば、片付けの時間になっても子どもが遊びたいと言った時。

きまりを守る人であるのか、

子どものやりたい気持ちを優先する人であるのか。

例えば、食事に嫌いなものがあって、子どもが食べられないと言った時。

食べ物の大切さを伝える人であるのか、

子どもの思いに寄り添う人であるのか。

例えば、子どもが沢山の絵を描いて、次から次へと紙を使う時。

資源を大切にする人であるのか、

子どもの表現欲求を満たす人であるのか。

これは、どっちかが良くて、どっちかがダメってことじゃない。

どちらも大切だし、

他にもっと大切な事があるかもしれないし、

なんなら、両方大切にする方法だってあるかもしれない。

重要なのは、「自分のあり方」を定めておくこと。

そうすると、迷った時やうまくいかなかった時の指針になると思う。

もちろん、それでもブレてしまう時はある。

人間なので。

そんな時は、ブレた自分を責めるのではなく、

「今日はブレちゃったなー。どうしても、アレが許せなかったんだよね。でも、本当はこういう風に接したかったんだよね」

と、ブレた自分を認めつつ、自分の気持ちを探してみよう。

それがあり方を確認することにつながるはず。


自粛していたワークショップを再開します。

つみきであそぼう
「ただいま&おかえりワークショップ」

2020年6月27日(土)

10:00-11:00

佐久市佐久平交流センター

2階 第4会議室

参加費:2000円

定員:5名 3歳から小学生(応相談)

テーマ:球「色粘土のレリーフを作ろう」

申込締切:2020年6月19日(金)まで

若干、絵具を使いますので、汚れてもよい準備をしてください。

兄弟割引、友達割引などの割引もございます。お問い合わせ下さい。

ワークショップ再開!
非常事態宣言が一部の都道府県を除き解除、小学校等も分散登校により再開され始めました。今まで自粛していた、れちとびのワークショップを再開したいと思います❗️つみきであそぼう「ただいま&am...

さらに、5月31日までにこちらの動画を購入していただいた方には、購入費用の500円と同額のワークショップ割引券が付いてきます!

つみきのおはなし(8個の立方体編)
たった8個の立方体だけでできる、積み木遊び。少ない積み木でも、イマジネーションによって、豊かな積み木の世界が広がります。

今回は、他の人との接触機会を減らすため、募集人数がいつもの半分です。

すでに2枠のお申し込みが入っています。(5月27日現在)

ご検討中の方は、お早めにお申し込みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました