アウルアドベンチャーへ行ってきた!&母の日

子ども

5月15日(土)のワークショップにまだ空きがございます。

若干、締め切りを延長しますので、迷っている方はぜひどうぞ。


娘の友達が遊びに来たので、軽井沢ライジングフィールドのアウルアドベンチャーへ行ってきた!

かけがえのない体験がここにある | Rising Field|ライジングフィールド
ライジングフィールドは軽井沢と白馬を起点に、子供たちの生きる力を高める、人・組織の可能性を切り拓くことを目的とし、キャンプ、アドベンチャー、ブッシュクラフト、野営、BBQ、アクティブラーニング、企業研修、チームビルディングなどのコンテンツを展開しています。

ライジングフィールドは、キャンプを始め様々なアクティビティを楽しめるアウトドアリゾート。

アウルアドベンチャーはハーネスをつけてしっかりと安全を確保することで、子どもたちの挑戦を大切にできるアスレチックアクティビティ。

以前仕事の用事で訪れた時に、高いところが苦手な長女が珍しく興味を示していたので、この機会に行ってみようと思ったのだ。

無料のキッズコースで遊ぶ長女

写真やホームページを見ていただければわかると思うけど、ただのアスレチックではない。

キッズ(1m)、Low(2m・4m)、High(6m、8m)と高さによって難易度が設定されていて、どれを選んでも安全が確保されるようになっている。

今回はLowコースにチャレンジした。

ハーネスを装着し、使い方の簡単な説明を聞いたら、いざコースへ!

2mのコース、スタート

外から見てるとそんなに高く見えない2mのコースも、実際に上がってみるとなかなかの高さ。

それは長女も同じだったようで、すっかりへっぴり腰になっていた。

しかし、命綱の仕組み上、後戻りはできないのである!

グラグラと揺れる足場を、娘を励ましながら進む。

この高さでも娘は必至です

どうかこうにか、終盤までたどり着いた長女。

自分で言い出したことなんだけど、彼女にとってはかなりの挑戦だった。

なにせ、金網の階段ですら怖いという彼女が、固定された手すりもない吊り橋を渡ってきたのだから。

最後のジップラインだけは自分で滑ることができず、スタッフの手を借りて滑ってきた。

それでも、自分の力で最後までやって来たことに拍手を送りたい。

完全燃焼した長女は降りるなりハーネスも外し、観戦モードとなっていた。

娘の友達はというと、5歳にもかかわらず平気で何度も繰り返していた。

まぁ、誰にでも得手不得手はあるということか。

こちらのアクティビティ、時間内は何度でもできるということで、父は一人で4mのコースにチャレンジ。

4mのコースに1人挑む父

これが、2m上がっただけなんだけど、めちゃくちゃ高く感じる!

アップの写真だと分かりにくいけど、引いて見るとその高さが分かる。

白丸が父

右下に写っている次女の身長が80㎝で、父が160㎝。

ちょっと遠近感が違うけど、もう落ちて大丈夫とは言い難い高さ。

そして変化はそれだけでなく、吊り橋からは完全に手すりが無くなった。

手すりはドコへいったー!?

命綱はジップラインとして使えるものなので、つかまっても大丈夫なんだけど、

足場の安定性が全く違うので、恐怖心はかなり倍増する。

それでも最後までちゃんと渡れました。

…僕も大人なんでね。

最後はどのコースもジップラインになっていて、高さによって長さも変わってくる。

2mから4mに変わって、長さは1.5倍くらいになっているだろうか。

Highコースはさらに高い6mと8m。

大人がやっても十分に楽しめる。

キャンプと合わせれば1日では足りないくらいのボリューム感。

高いところが好きな方は是非どうぞ。

さて、友達と別れて帰宅した後、前日から長女と計画していた母の日サプライズのため、
買い物と称してお花を買いに。

大人が何も言わなくても、記念日なんかには結構敏感な長女。

こういうところは『女の子だなー』と感じる。

店先にはしっかり母の日コーナーが設けられていたので、そこから好みのものをチョイス。

前日の夜に2人で書いた手紙を添えて、プレゼントしました。

長女チョイス

妻の驚く顔に、長女は満足そう。

うっすら涙まで浮かべていた。

いやはや、涙腺緩くなってますね。

自分がもらい泣きしそうになったことは、とりあえず棚に上げておきましょう。

イベント盛りだくさんの母の日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました