ツミキガワレタ

自己実現

先日、ワークショップで使った時に、直方体(レンガ状)の積み木にヒビが入っているのを見つけた。

袈裟がけにヒビが

家庭で使うのとは違って、いろんな場所に運ぶし、

積み下ろしや、ワークショップの中で強い衝撃を受けることも多い。

だから、こうなることは、まぁ、分かっていた。

『触った時に棘が刺さるかもしれないから、ワークショップでは使えないなー』

『ボンドかマスキングテープで、補修して、家で使うかー』

『新しいのと交換しないとなー』

なんてことを考えながら、リビングのイスに座って、

ボーッと積み木を眺めていた。

すると、僕の様子を見ていた長女が僕に言った。

「パパ、積み木が割れたのがそんなにショックなの?」

娘に言われて初めて気が付いた。

そう、僕は積み木が割れてショックを受けていたんだ。

自分ではそんなに悲しいとか、残念とか頭に無かったけど、

手に取った積み木から目が離せず、

表情乏しくジーっと眺めている姿は、そのように見えただろう。

コレは、娘が僕の様子に勝手に『ショックを受けている』という名前をつけたわけじゃないと思う。

僕が気が付かなかった自分の気持ちに、感受性の高い娘は気がついたってこと。

僕はこれまでの生育歴や教育の中で、

『自分の気持ちを感じないように育ってきた』

ってことなんじゃないかな。

僕らの世代は、

『〜すべきである』

『〜しなければならない』

という判断基準がとても重要視されていて、

『〜したい』

ということが、分からなくなってしまっている気がする。

積み木のことも、

『割れてしまったのは悲しいけれど、仕方のないことだから、我慢すべきだ』

という自動思考の結果、

前半分の『悲しい』という僕の気持ちは、

意識の奥底に沈められてしまった。

いや、沈めたのは僕自身なんだけども。

みんながみんな、そんなことをしていたら、

どんどん生きづらくなっていくよね。

もっと、『〜したい』という気持ちに素直になれるといいなと思う。

そのためには、自分の『好き』なことを思う存分楽しむしかない。

もちろん大人なので、そうできない事はたくさんある。

でも、子どもたちにはもっと

楽しいも

嬉しいも

悲しいも

素直に表現させてあげたい。

うーん、なんか上から目線だな。

そうだな、

表現していただきたい。

そして、僕のワークショップは、

そのための一助にしたいのだ。

長女が作ったマグネットモザイク

そんな、れちとびのワークショップ「つみきであそぼう」

1月はの申し込みを受付中です。

こちらからどうぞ!

「つみきであそぼう」1月の一般募集を開始します!
大変お待たせいたしました。15日からとか言っておきながら、3日も過ぎてしまいました。申し訳ありません。只今よりお申し込みを受け付けます。「つみきであそぼう」1月1月16日(土)10:00-1...

1月30日は、小海町でねこマルシェに出店します!

第21回ねこマルシェinキッチンカーだけじゃない祭り!

コロナの第3波のため、開催が少々危ぶまれていますが、開催に向けて準備中です。

近くなったらまたお知らせします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました