ワークショップ コリントゲーム その2

積木

今日はエコールみよたで、「つみきであそぼう」ワークショップ開催。

1組の参加だったけど、また、新しい友達が来てくれました❗️

ブロックなどが好きだという4歳の男の子。

今日は、何をするか行ってからのお楽しみとお母さんに言われて来た様子。

コレは期待を裏切れません。

人数が少ない時は、大きな積木は難しいので、2日にもやったコリントゲーム作り。

ワークショップ コリントゲーム11月2日は、長野市でワークショップを開催。会場は、サンマリーンながの。参加者は以前から参加してくれているリピーターの女の子のAちゃん。まずは絵本『ころころころ』を読んでから、ママボールで遊ぶ。活動の導入に…

無数のビーズを転がすのが楽しい遊び。

絵本『ころころころ』を読んで、ボール遊びをすれば、すっかり緊張がほぐれて笑顔になります。

積木でコリントゲームの土台を作ったら、早速ビーズを転がしてみよう!

何も障害物がない斜面に転がすだけでも、繰り返し楽しめちゃうんです。

でも、ここからが本番。

土台に敷いた直方体の積木を抜いて、障害物を作る所になると、子どもたちの個性が光りだします。

今日は、抜くのもそこそこに土台の上に積み上げて、さらに斜面を作ったり、トンネルを作ったりしていました。

どんどん乗せるよ
斜めにかけて、トンネルができた!

僕もこういう作り方をする子は初めて見た。

何回やっても、同じ物は一度もできない。毎回、子どもたちの新鮮な発想には驚かされる。

しかも、転がす時はビーズを一つずつ転がして、その軌跡をじっくりと確かめていた。

たくさんのビーズを一度に流して、そのダイナミックさを味わうのも楽しいけれど、

自分の作った障害物を、どうやって通っていくのかを丁寧に見て楽しむのもいい。

やっているのが子どもだから遊びに見えるけど、

これって、物理学の実験そのものもだったりする。

転がるという球の性質や、

障害物に当たる時の入射角・反射角、

さらには、ほぼ同じ条件でも違いが発生するというカオス理論に至るまで。

万有引力を発見した、かのニュートンだって、

こういう所から発想に至ったはず。

発見は実体験の中にしかない。

要するに、

やってみなくちゃ分からないのです。

もちろん、子どもたちはそんなことを言葉にはしません。

しかし、それを児戯と見るか、探究と見るかで大人の受け止め方はずいぶん違ってくるはず。

そして、大人の受け止め方が違えば、子どもの育ちもまた変わってきます。

どちらがのびのびと成長していくかは、もうお分かりですね。

そんな事を再確認したワークショップでした。

オマケ 待ち時間の娘の制作

結婚式場

3月にあった、叔父の結婚式を思い出して。

コメント

タイトルとURLをコピーしました