普通の人はどこだ!?

自己実現

今回は、ふと思いついたことの考察を載せたいと思う。

コンビニで働いていた時のこと。

採用面接で「変わった人が多いけど、みんないい人だから大丈夫だよ」と言われた。

実際、働いてみると

車をカスタムするのが好きな人

底抜けに明るい人

すげー女子高生的な話し方する人(もちろん女子高生)

いわゆるオタク的な趣味の人

仕事中は怖そうな顔してるけど、実は話好きな人

メールアドレスが「-(ハイフン)」から始まる人

など、みんな個性豊かなキャラクターを持っていた。

この「変わった人が多いから」という言葉、よく聞く言葉だったりする。

みんなそうだと思うけど、僕もこれまで色々な集団に所属した。

家族、幼稚園、剣道クラブ、小学校、少年団、中学校、剣道部、高校、ワンダーフォーゲル部、乗馬学校、コンビニ、レストラン、保育専門学校、電気屋、保育園など。

そのどこでも大抵似たような言葉を聞いている。

でも、はたから見たらほとんどの人は、変わっているようには見えない。

(中には、どこからどう見ても変わってる人も居たけど)

じゃあ、「普通の人」ってどこにいるんだろう?

普通っていうくらいだから、その辺にたくさんいておかしくないはずなのに、

どの集団でも

「ここの人、普通の人ばっかりよ」

と言われたことは一度もない。

そもそも、「普通」ってなんだ?

多くの場合「平均的」という意味で使われていると思うけど、平均という言葉自体が、

デコボコをならした真ん中あたり

という意味だから、

要するに、「仮想の値」なんだよね。

そんな、何でもかんでも平均値みたいな人いたら、逆に珍しいでしょ。

そしたら、どうして行くとこ行くとこで「変わった人」に会うのかっていうと、

ある程度関わることで、その人のキャラクターがどんどん見えてくるから

だと思う。

深く関われば関わるほど、その人のこだわりや趣味、思想、価値観なんかが見えてきて、それを「個性的」と感じるから。

だから、僕たちはあまり知らない人のことを

「普通であるはずだ」

と思い込んでいるだけなんだ。

そしてそれは、今まで受けた教育によって「普通であること」を求められてきた結果だと思う。

でももう社会は普通の人を求めていない。

なら、教育も変わっていかなければいけない。

子どもの個性を大切にする共育が必要だ。

今回の考察で分かったこと

「普通の人」なんていない。世の中、変な人だらけ。それが普通。


子どもの個性を伸ばす、積木ワークショップの申込みを受付中。

こちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました