自分のやりたいこと

積木

「ワークショップがやりたい」

この一年で、その思いを強く感じたのは、コロナがあったからなんだろうな。

僕は「れちとび」という、積み木を使った子ども向けのワークショップを開いている。

「積み木を使って遊ぶ」と聞いてイメージするのは多分、こんな感じだと思う。

何ができたかな?

もちろん、これはこれでいいものだけど、僕のワークショップはちょっと違う。

れちとびの「つみきであそぼう」はこんな感じ。

みんなで「壁」を作ったところ

ね?

想像と違ったでしょ。

大体3000個くらいの積み木を使ってる。

安い積み木なら、そんなに珍しい数でもない。

でも、れちとびで使っている積み木は、世界中で販売されている積み木の中でも、最上質と言っていい積み木「WAKU-BLOCK(ワクブロック)」だ。

このWAKU-BLOCKがどれほどいい積み木かについては、是非こちらを読んで欲しい。

ワクブロックってどんな積み木?
今回は、れちとびのワークショップで使っているワクブロックという積み木が、どれだけいい積み木かを嫌と言うほど語りたいと思うので、覚悟してほしい。この積み木は、ほんっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっとうに、いい積...

この積み木を使い、子どもたちの手によって生み出される世界は、

意外性と創造力に溢れていて、なんとも言えず素晴らしい。

それが見たくて、

それを世の大人たちに知らせたくて、

何より子どもたちに、自分の素晴らしさに気づいて欲しくて、

ワークショップをやっているようなものだ。

そんな、れちとびの活動も緊急事態宣言時には自粛していた。

そんなにたくさんの人が集まるわけじゃないし、

1時間程度、室内で活動するだけ。

僕がワークショップをやらなかったところで、感染拡大防止にはさして影響もないような気もした。

けれど、開催に踏ん切る気にはなれなかったし、

やったとしても、お客さんも心から楽しむことはできなかったと思う。

色々あって仕事(保育士としても働いてる)に行くこともできなくなり、

夏頃は娘2人と1ヶ月ほど自宅で過ごすことにもなった(妻は単身赴任)。

その間に、なんとか少しでも広報活動と、収入確保できないかと、

積み木遊び動画の販売なんかもしてみたけれど、もやもやは溜まっていく一方だった。

理由は至って簡単。

子どもたちが積み木で遊ぶ姿が見えないから。

前にも書いたように、僕自身が子どもたちの瑞々しい創造力に触れていたいのだ。

大切な物は失ってから気づくというけれど、まさにその通り。

たくさんの積み木を目の当たりにした驚きに、

作っている時の真剣な眼差しに、

完成した時の笑顔に、

なんと自分が満たされていたことか。

そもそも、そういう事がしたくて仕事を辞めて移住をしたわけだし。

まだ、大手を振ってワークショップを楽しめる時ではないかもしれない。

今後の状況次第では、また自粛を求められたりするかもしれない。

それでも、ワークショップを開きたい。

子どもたちが夢中になって、積み木で遊ぶ姿を見たい。

自分の中にあるものの素晴らしさに気づいて欲しい。

だからこれからもワークショップをやろうと思う。

もっとたくさんの人に体験してもらえるように。


次回のワークショップ「つみきであそぼう」は、12月19日(土)です。

申込みはこちらから❗️残席2です。

「つみきであそぼう」12月の一般申込み開始
お待たせいたしました!12月19日(土)の「つみきであそぼう」の一般申込みを開始します。2020年12月19日(土)10:00-11:00佐久平交流センター 2階 第3会議室テーマは三角「山脈とドミノ」対象...

締め切り間近。お急ぎください‼️

コメント

タイトルとURLをコピーしました