裏山ハイキング:虚空蔵山

子ども

日曜の午後は、久しぶりに家族でハイキングへ出かけた。

次女が産まれてから、キャンプや登山には行かなかったので、足慣らし(リハビリとも言う)が必要だよね。

ということで、我が家の裏山・虚空蔵山へ。

以前、1人で下見には行っていたので、レベル的には問題ない。

道は間違えたけど。

前回と同じく、出発は道の駅ヘルシーテラス佐久南。

うーん、いい天気!

今回は妻の使い古したスマホを、カメラがわりにとして娘に持たせてみた。

以前から「カメラが欲しい」と言ってたんだよね。

昔使っていたコンデジは、残念なことに使えなくなっていたので、シムカードを抜いて再利用。

Wi-Fiにはつなげるから、シムなしタブレットみたいで意外と便利。

でも、娘が依存しないようには、注意しないとね。

初っ端から写真を撮りまくる娘。

まだ出発地点の駐車場ですが…

駐車場から30分くらいは車道歩き。

これが暑くてだるかった。

超久しぶりで、出産後体力の落ちまくっている妻は、テンション下がり気味。

早く林道に入りたい。

山道らしくなったのは、多福寺というお寺から。

むしろ駐車場があったから、ここまで車で来たらよかった。

今回のコースは石仏コースと言って、四国のお遍路・八十八ヶ所を、お地蔵様で模した道。

道の至る所に、お地蔵様がある。

入り口の石仏

ただ、手入れとかはあまりされていないようで、欠けていたり、台座しかなかったりするのが結構ある。

取り分け可哀想なのは、首が無いやつ(しかも、結構な数)で、

申し訳程度に、別の石が乗せてあったりする。

色即是空、空即是色を体現するかのよう。

そんなことはお構いなしで、ずんずん登っていく娘。

こういう時の子どもは、本当に元気

ちなみに、10カ月の次女は、おんぶひもして僕の背中でジタバタ。

おもちゃがわりのクローバーをムシャムシャ

道は階段が作られたりして、スニーカーに普段着でも全然問題ないくらい。

尾根の先端なので、見晴らしは抜群!

だけど斜度は結構あって、妻は息があがってた。

それでも、30分も歩いたら展望台に到着。

オヤツ休憩でほっと一息。

次女も降りて、オヤツ休憩
次女を撮る長女
長女:カメラに夢中
次女:草食べるのに夢中

歩くのに慣れてきた次女は、山の斜面を利用して小走り。

転げ落ちそう…

そのまま山を転がっていきそうだった。

浅間山は雲に隠れていたけど、気持ちのいいハイキング。

久しぶりに、家族水入らずの時間となりました。

帰りの道すがら、綺麗な虫を発見。

玉虫色のアカガネサルハムシ

長女は「メッチャ、きれい❗️」と大喜び。

こういう自然との出合いを大切にしたい。

幼児教育の祖であり、世界初の幼稚園を作ったフレーベルは言いました。

子どもを取り巻く環境には3つの要素がある。

それは、人・物・自然。

この3つの要素の中で、噓・偽りの無い物は、自然だけだと。

物には人間が作った道具の他に、システムや社会なんかも含まれる。

その嘘・偽りのない自然が、こんなに美しい物を見せてくれるのだから、子どもたちにはぜひ、見ておいて欲しい。

そんなことを思うのです。


そんなフレーベルが考案した積み木を元に作られた、WAKU-BLOCKを使ったワークショップを開催しています。

2020年6月27日(土)

佐久平交流センター

参加費:2000円

まだ、募集人数に空きがあります。

創造活動に没頭して、気持ちをリフレッシュしてみませんか?

詳細はこちらから。

ワークショップ再開!
非常事態宣言が一部の都道府県を除き解除、小学校等も分散登校により再開され始めました。今まで自粛していた、れちとびのワークショップを再開したいと思います❗️つみきであそぼう「ただいま&am...

コメント

タイトルとURLをコピーしました