ぬか床を仕込む

自己実現

最近参加したFacebookを中心に活動するコミュニティで、ぬか漬けを作ることになった。

道具や材料を揃えて準備する。

zoomを使って自宅で教えてもらえる

ぬかは事前に炒っておいた。その方がぬかが傷みにくいらしい。

フライパンで地道に炒ったぬか

ぬか漬けと言っても、いきなり野菜をつけるわけじゃないんだって。

最初の仕込みでは、副材料という味のアクセントになる物(昆布や干し椎茸、唐辛子や粉がらしなど。他にも色々あるみたい)と、

捨て漬けという野菜の皮やヘタなどを漬ける。

我が家は昆布、干し椎茸、唐辛子を選んだ

やることはとってもシンプル。

ぬかと塩と水を大きな鍋(ボールがあればボール)で混ぜる❗️

娘もお手伝い

意外とすぐに混ざる。

1kgのぬかを使ったけど、水を入れるとあっという間にかさが減っていった。

混ぜ混ぜ

手にとってダマになるくらいになったら、ぬか漬け用の容器に入れる。

4.1リットルのポリ容器を用意した

空気が入らないように気をつける。

この時に副材料と捨て漬けの野菜も入れる。

最後に上からこれでもかと押さえつけ、容器にこびりついたぬかをきれいに拭き取って仕込み完了!

完成

見た目や手順はこの前やった味噌作りによく似ている。

10日くらいは捨て漬け野菜で、ぬか床の発酵を促すことになるみたい。

早く食べられるものを漬けてみたいなぁ。


ワークショップお申し込み受付中。

こちらからどうぞ。

進学塾って何?・次回のワークショップのお知らせ
近所のスーパーに買い物へ行く途中、小2の長女に聞かれた。「パパ、〇〇ゼミってなに?」それは学習塾の看板だった。「学校の勉強の仕方を教えてくれるところだよ」…ん?なんかおかしくないか?学校の勉...

コメント

タイトルとURLをコピーしました