子どもの発想・そこつながるんだ

積木

12月のつみきであそぼう申込み受付中!

12月のつみきであそぼう
お待たせいたしました。12月のワークショップ「つみきであそぼう」のお知らせです。12月11日、12日(両日)10:15-11:30イオンスタイル上田(長野県上田市常田2-12-18)2階 イベント広場(タワ...

いつもと場所が違うので、お間違えなく。


長女・リンが学校行事の振替休日で休みの平日。

そのため、父も仕事の休みをもらった。

次女・チルチルは保育園へ行ったので、

「私とパパとママだけなのって、久しぶりだね!」

と何やら嬉しそうである。

お姉ちゃんとして、我慢していることがたくさんあるんだなぁと、改めて思う。

今日はじっくり付き合ってやるか。

この日は、工作で作りたい物があったみたい。

妹が居なくなって、これ幸いとばかりにゴソゴソやっている。

頂き物のお茶漬けを包んでいた、和柄の布切れを引っ張り出してきた。

「こういうの温泉の入り口にかかってたよね」

先日、妻と野沢温泉に行ってきた時のことを言っているらしい。

布の真ん中に縦の切り込みを入れている。

もしかして、暖簾のことかな?

「そうそう!だからパパ、のれんを掛けるやつを作って」

段ボール工作開始である。

リンは棒状の支え的な物を考えていたらしいけど、それだと立たせるのがメチャ難しい。

そこで、父から衝立風の入り口を提案して作ることにした。

暖簾は裏から糊で貼ってある

リンにも話したけど、物を立たせる時は、接地点(面)を三点にすると安定する。

カメラの三脚がいい例。

だから、二点で直立して倒れない人間は、スゴイバランス感覚を持っていることになる。

「イイじゃーん!ここに看板つける」

入り口の上の空いている部分のことを言っているみたい。

四角じゃなくて、凸凹の輪郭がいいらしい。

形を描いてもらい、父が切り抜いた。

「やってる?」

残りの段ボールを眺めて、思いついたらしい。

これなにに見える?
こうなりました

銭湯といえば富士山だけど、そうつながるのね。

子どもは、大人にはない発想をする。

脳神経細胞が手を伸ばして、繋がろうとする時期だからこそのアイデアがたくさんある。

そのアイデアを実現しようとする試行錯誤の中で、創造力は発揮されるのだ。

だから、手出し口出しは無用なんだ。

大人は、子どもとの遊びの中で思い付いたことがあったら、子どもにそうさせようとするのではなく、それぞれでそれをやればいい。

できた物は、きっと子どもがつなぎ合わせてくれる。

と、自分に言い聞かせたりして。

リカちゃん入浴中

さて、温泉から上がったリカちゃんたちは、旅館に泊まるそうです。

だから、ベッドがいるんだって。

作ろうじゃありませんか。

骨組みを作りまして〜

骨組み&天板

組み立て〜

噛み合せるだけ
こんな感じ

天板を乗せて、布団をかけたら完成!

セミダブルくらいかな

…リカちゃんは4人で泊まりにきてるんだってさ。

量産化に成功

「ソファとかコタツとか、電気(照明)もいるよね!」

リンの想像は膨らむばかりで止まらなかった。

完成はいつになることやら。

リカちゃんを入浴させるリン

はっぴ〜フェスタの様子はインスタにあげています。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

詳しくは後日、ブログにて投稿します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました